ぴぃーぴぃーぴぃー
JUGEMテーマ:演劇・舞台


身動きもままならない程の満員電車の中で、
鼻の詰まりとくしゃみの予兆を感じ
、このままでは前に立ってる人の後頭部に何だか分からないけど、
まぁとにかくいろんなものが混じったエキスがミスト状となって
噴射されちゃうっっと危機感を感じ、思い切り鼻をすすったところ、
えぇそりゃもう高らかに、『ピィー』と鼻笛を鳴らして余計に
不審がられてしまいました客演の大造です、こんにちは。



は、恥ずかピぃーー(汗)




気が付けばもう12月。本番まで間がない。
あぁ、どーしよ。まだまだ覚えなきゃいけないことがある。
まだまだやらなきゃいけないことが山ほどある。
このギリギリにならないと動けないタイプの悲しい性。
計画的に進められる方は、さぞかし御笑いになるのでしょうね。
ふふふ。くやしいので先に笑ってやりました。




今回の物語の舞台は無人島。何組かの旅行者たちが、
それぞれの思いを抱えて、
その島に集まります。



幸せな人。
悲しい人。
お可笑な人。
愛する人。
欲しがる人。
迷う人。
人。
人。
人。



僕らは何を抱えて歩いているのだろう。
僕らは何処へ向かって生きているのだろう。



人生もまた旅。この旅の終りに、みんなの笑った顔が見られますように、
心からそう祈ってます†



あと2週間ちょっと、それまで宜しく頼むぜ玉響ベイビーズっ!!

出演者の声 | comments(0) | trackbacks(0)
Comments
Post a Comment










Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
Trackbacks